走るさかぐち
 
『走るさかぐち』は様々な不条理に苦しむひとのもとに真っ先に駆けつける存在でありたい!とのさかぐち直人の思いです。
政治家の役割は人の上に立つことなどではなく、困っている人を下から支えること。お金持ちの既得権を守ることが目的化している今の政治を、みんなのための政治、とりわけ庶民の生活を守る政治に今こそ変えなくてはなりません。
さかぐち直人と一緒に走りませんか?

阪口直人ブログ 最新記事

2022年09月26日
ミャンマー国軍の正当性、人権蹂躙にお墨付きを与える国葬であってはならない
岸田首相は安倍氏国葬の根拠を『民主主義を守り抜く決意を示すこと』と言います。選挙で選ばれた政権をクーデターで転覆させ、市民を虐殺、弾圧し、民主主義を破壊し続けるミャンマー国軍。その駐日大使を招待することに多くのミャンマー人から抗議の声が届いてい... [続きを読む
政治権力が生み出す不条理を明らかにし、その構造を変えることが安倍元総理への弔意の示し方
2022年09月16日
政治権力が生み出す不条理を明らかにし、その構造を変えることが安倍元総理への弔意の示し方
9月13日は安倍晋三元総理の国葬の出欠連絡の締め切り日だったようです。私のところには案内は届いていません。私が繰り返し、国葬に反対する意見を示していることが理由ではありません。おそらく、欠席者が相次ぎ、急遽元国会議員を全員招待することになった... [続きを読む
南アルプス・仙丈ケ岳(3033m)への日帰り登山
2022年09月11日
南アルプス・仙丈ケ岳(3033m)への日帰り登山
日本百名山のひとつ南アルプスの仙丈ヶ岳(3033m)に日帰りで登ってきました。長野県での杉尾秀哉議員の選挙応援中に何度かその勇姿を見る機会があったこと、また、大学時代に『スクスクスクール』のキャンプカウンセラーとして、麓の鹿嶺高原から目の前に見上げる... [続きを読む
国葬への首脳出席率を高めるためのODA(政府開発援助)であってはならない
2022年09月04日
国葬への首脳出席率を高めるためのODA(政府開発援助)であってはならない
昨日は小森忠良岐阜市議会議員のご自宅を訪ね、統一教会や国葬問題がもたらす今後の政局について意見交換をしました。今回、安倍氏の国葬には国連常任理事国のトップは誰も出席しません。G7のトップもカナダのトルドー首相だけです。弔問外交ができることを... [続きを読む
人生の選択に大きな影響を受けたミハイル・ゴルバチョフ氏の逝去に思う
2022年08月31日
人生の選択に大きな影響を受けたミハイル・ゴルバチョフ氏の逝去に思う
ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が亡くなりました。私の人生にもっとも影響を与えた政治家のひとりです。私が子どもの頃、隣国の大きな存在だったソビエト連邦。怖くて、冷たくて不気味な存在と思っていた人が多かったことでしょう。また『嫌いな国』のナン... [続きを読む