走るさかぐち
 
『走るさかぐち』は様々な不条理に苦しむひとのもとに真っ先に駆けつける存在でありたい!とのさかぐち直人の思いです。
政治家の役割は人の上に立つことなどではなく、困っている人を下から支えること。お金持ちの既得権を守ることが目的化している今の政治を、みんなのための政治、とりわけ庶民の生活を守る政治に今こそ変えなくてはなりません。
さかぐち直人と一緒に走りませんか?

阪口直人ブログ 最新記事

皆様のおかげで目標達成できました-クラウドファンディングの成立と今後の活動
2022年05月25日
皆様のおかげで目標達成できました-クラウドファンディングの成立と今後の活動
4月22日にスタートした貧しい子どもたちの補習授業と平和教育の教材開発のためのクラウドファンディング。当初予定していた86万円を大幅に上回る141万9千円をご支援頂き終了することが出来ました。ご支援・応援いただいた皆様に、心より感謝申し上げます。また、... [続きを読む
『敵基地攻撃能力』を行使しないウクライナの戦略
2022年05月19日
『敵基地攻撃能力』を行使しないウクライナの戦略
ナチスの拡大に大きく貢献したヘルマン・ゲーリングはこんな言葉を遺しています。「国民は指導者たちの意のままになる。それは簡単なことで、自分たちが外国から攻撃されつつあると説明するだけでいい。平和主義者に対しては愛国心がなく、国家を危険にさらす... [続きを読む
平和教育の教材つくりに向けた意見交換会-明日5月17日(火)21時より行います
2022年05月16日
平和教育の教材つくりに向けた意見交換会-明日5月17日(火)21時より行います
クラウドファンディングは残りあと6日になりました。5月9日に当初の目標金額86万円に到達し、皆さんに寄付して頂いたお金を受け取る権利を得ました。All or Nothing方式でしたので到達できなければ全額お返ししなければならないところでしたので、本当に嬉し... [続きを読む
ひとつしかない命を危険に晒すことになっても-究極の現場を目指した覚悟
2022年05月16日
ひとつしかない命を危険に晒すことになっても-究極の現場を目指した覚悟
第3回イベント『中田厚仁さんとUNTAC当時のカンボジア』の映像です。中田厚仁さんが、ひとつしかない命を危険に晒すことを覚悟しながらカンボジアの平和、そして自由・公正な選挙の実現に向けてひた走った当時の状況、そしてルームメートだった『あっちゃん』... [続きを読む
人間が殺しあう現場のリアリティーは国会にいてはわからないー国会議員と『現場』を考える
2022年05月13日
人間が殺しあう現場のリアリティーは国会にいてはわからないー国会議員と『現場』を考える
小熊慎司衆議院議員が、GW中の視察でポーランドからウクライナに入ったことが批判の対象になっている。本人も認めているように手続き上の瑕疵もあったようで、この点は大いに反省すべきだ。しかし、国会議員が『現場』に行く姿勢そのものを一概に否定してしまうこ... [続きを読む