走るさかぐち
 
『走るさかぐち』は様々な不条理に苦しむひとのもとに真っ先に駆けつける存在でありたい!とのさかぐち直人の思いです。
政治家の役割は人の上に立つことなどではなく、困っている人を下から支えること。お金持ちの既得権を守ることが目的化している今の政治を、みんなのための政治、とりわけ庶民の生活を守る政治に今こそ変えなくてはなりません。
さかぐち直人と一緒に走りませんか?

阪口直人ブログ 最新記事

動画『走るさかぐち』編ー真っ先に駆け付ける決意
2021年10月09日
動画『走るさかぐち』編ー真っ先に駆け付ける決意
衆議院解散を前にした最後の週末。今日も各地で『走るさかぐち』です。今、私の政治姿勢や政策などを紹介する動画を作っていて、これからアップしていきます。今回は『走るさかぐち編』です。政治活動紹介ムービー『走るさかぐち編』『走るさ... [続きを読む
政見放送の収録と自民党総裁選-自民党は変わらない。変われない。
2021年10月01日
政見放送の収録と自民党総裁選-自民党は変わらない。変われない。
昨日は政見放送の収録。中小零細企業の経営者や有機農業を営む方、また子育て中のお母さんなどと対話をしている様子などを撮影してもらいました。同時進行の自民党総裁選挙では岸田文雄総裁が誕生しました。外務委員会で何度も質疑した岸田外務大臣。とても... [続きを読む
2021年09月22日
衆議院選挙に向けた決意と政策-県庁での記者会見
今日、県政記者クラブで行われた出馬会見での冒頭挨拶です。前半は政治を志したきっかけとしての紛争地域での平和構築活動の経験をお話し、紛争地のリアリティーを知る国会議員として、日本だからこそ可能な平和主義に基づく貢献の在り方を追求したいと決意した私... [続きを読む
米軍の無人機による攻撃と民間人の犠牲ー2013年12月衆議院外務委員会での質問をもとに
2021年09月18日
米軍の無人機による攻撃と民間人の犠牲ー2013年12月衆議院外務委員会での質問をもとに
アフガニスタン・カブールにおいて先月、米軍の無人機による誤爆で民間人10人が殺害された事件について、アメリカ中央軍のマッケンジー司令官は誤爆だったことを求め、謝罪するとともに賠償金の支払いを検討しているとのことです。2011年9月の同時多発テ... [続きを読む
2回目のワクチン接種を終えて
2021年09月15日
2回目のワクチン接種を終えて
2度目のワクチン接種の副反応、かなり強烈でした。一昨日の夜に打ったのですが、昨日は昼前ぐらいから倦怠感と寒気に襲われ、『走るさかぐち』は断念して家で仕事をすることにしました。39度近くまで熱が上がりましたが、こんなに熱が出たのは1993年6月にマラ... [続きを読む